본문 바로가기

旅券写真の規格案内

旅券写真の規格案内

旅券写真の規格案内

2018.1.改正

旅券写真の規格は、国際民間航空機関(ICAO)により定められた基準に従っています。旅券は海外旅行時に認められる唯一の身分証であり、旅券写真は本人であることを確認するために非常に重要な要素です。旅券写真は6か月以内に撮影された写真で、各国の出入国審査(自動出入国システムを含む)の時に本人であることが確認できるよう、実際の所持者をそのまにま示す必要があり、変形してはいけません。旅券の受付が遅延したり拒否されたりしないために、以下の基準に適合する写真を提出するようお願いします。

写真のサイズ

  • 横3.5cm、縦4.5cmの天然色の上半身正面写真でなければなりません。
  • 頭の長さ(頭頂部から顎まで)が3.2~3.6cmでなければなりません。
  • 旅券発給申請日以前6か月以内に撮影された写真でなければなりません。
Standard photo 標準写真
Adult, Infant photo 成人 幼児

品質・背景

  • 一般紙に印刷された写真は使用できず、印画紙に印画された写真で、表面が均一でインクの痕やシワがなく鮮明でなければなりません。
  • フォトショップなどで修正した写真は使用することができません。
  • 背景は均一な白色でなければならず、枠があってはいけません。
  • 他の人や物が映っている写真は使用できません。
  • 人物と背景に影や光の反射があってはいけません。
Low quality photo 低品質な写真
Bad lighting photo 不適切な照明
Shadows(on the face and background) photo (人物及び背景)影

顔の方向・表情

  • 顔と肩は正面を向いていなければなりません。(側面ポーズは不可)
  • 口は閉じて、笑ったりしかめたりしない自然な表情(無表情)でなければなりません。
  • 顔を髪やアクセサリーなどで隠してはならず、顔の全体(額から顎まで)が映っていないといけません。
Turned to one side photo 側面ポーズ
Smiling photo 笑顔
Face is covered photo 顔が隠れる

瞳・メガネ

  • 目は正面を見なければなりません。
  • 髪、メガネフレームなどで目が隠れた写真や赤目現象のある写真は使用できません。
  • 有色の美容コンタクトレンズ、レンズに色がついたメガネ、そしてサングラスは使用できません。
  • 瞳やメガネのレンズに光が反射している写真は使用できません。
Pupils are covered photo 瞳が隠れる
Red eyes photo 赤目現象
Colored contact lenses photo 有色の美容コンタクトレンズ

衣装・アクセサリー

  • 背景と区分できない白色の衣装は着用を控えてください。淡い色の衣装を着用した場合、背景と区分ができれば使用可能です。
  • 宗教的衣装は日常生活で常に着用している場合のみ認められ、顔全体(額から顎まで)が映っていないといけません。
  • 帽子などで頭を隠してはいけません。
  • 首を隠すシャツ、スカーフなどは、顔全体の輪郭を隠していなければ着用が可能です。
  • イアリングなどのアクセサリーを着用する場合、光が反射したり顔の輪郭を隠したりしてはいけません。
Hat photo 帽子着用
Light reflecting photo アクセサリーの光反射
Religious clothing photo 宗教衣装

幼児(24か月以下)

  • 全ての基準は成人と同じです。
  • おもちゃや保護者が映っていてはいけません。
  • 口を閉じて撮影するのが難しい新生児の場合、口が開いて歯が少し見えるものは使用可能です。
Not looking into the camera photo 正面を見ていない
Mouth open photo 口が開いている
Other objects photo 物の映り込み